医療分野でも注目されるほど

加圧トレーニングはダイエットとしてだけでなく医療分野でも注目されています。加圧トレーニングでは、血流を制限して激しい運動をしたかのような感覚を体に与え、筋肉を効果的につけようというものです。血流を制限するだけで、軽い運動でも効率的に筋肉を付けることができるこのトレーニングは、激しい運動が困難な方にも利用できるトレーニング方法です。体全体を動かせない患者さんなどは、寝たきりになることで体全体の筋肉が衰えてしまいます。そんな方でも、部分的に血流を制限して、動かせる部分だけ軽い運動をすることで筋肉を維持することができます。こういった運動をすることで、病気が治り退院した時にすぐに仕事に復帰することも可能になります。こういった理由で医療分野でも利用されているトレーニング方法です。ダイエットする際にも筋肉はとても重要です。筋肉量を増やすことで、少しの運動でしっかりと脂肪を燃焼することができるようになります。このトレーニングを利用すれば効率的に筋肉をつけることができます。有酸素運動をする際にも、足の筋肉がしっかりと付いている方と、筋肉がない方とでは燃焼率が違います。この脂肪の燃焼率は筋肉量に比例します。脂肪は筋肉を使うことにより燃焼されます。その筋肉が多ければ多いほど燃焼率もアップします。そのため、ダイエットには筋肉をつけることが重要になります。また、筋肉を付けることで、疲労しにくく怪我しにくい体になります。筋肉のない状態でジョギングをなどをすると、膝などに直接衝撃がかかりますが、筋肉をつけておくとその筋肉が衝撃を吸収してくれ怪我をしにくく、疲れにくい状態になります。また、ダイエット中にこのトレーニングをすることのメリットに部分的に血流を制限できるところがあります。部分的に血流を制限して、気になる部分の筋肉をしっかりつけることで、部分痩せなどの効果も期待できます。トレーニングジムなどで加圧トレーニングのメニューがあるときには、積極的に医療分野でも注目されるこのトレーニングを受けてみてはいかがでしょうか。